夫婦で働いて猫を養っています。・・・kizifugeru-si☆excite.co.jp 。


by kizifugeru-si
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アメリカの議会で日本に慰安婦問題で謝罪するよう求めるという案が通りそうな勢い。
おまえが言うなと・・・。偽造ありまくりだろと・・・。バレただろと・・・。
中韓も蒸し返され、無視できない。これだけ時間がたつのに、賠償しているのに、条約結んだのに、話は終わったのに、偽造しまくりばれたのに、いまさらまた、やれ、南京だ、やれ、慰安婦だ、やれ、化学兵器だ。どれだけ吸い付くんだ。日本も弱気で、金があるフリばかりしているから・・・。

彼らの言い分がすべて本当なら、

兵士1人が日本刀1本で100人以上斬り殺せるほどの戦闘能力と有り余る予備の日本刀を持ち、銃剣と単発銃のみで80万人以上殺すなど、原爆以上の破壊力を持つ携行兵器を誇り各植民地で無駄に現地人を殺してまわるほど武器弾薬が余っていて、国境地帯に計19ヶ所4700kmにおよぶ要塞および1700kmもの地下要塞を作り、その工事で320万人もの労働者を運用するノウハウと物資があり、さらに工事後1万人を生き埋めにしたのみで、60年間もこの超巨大要塞を隠蔽するほど情報管理が徹底しており、揚子江の川幅を2m以下にしたりするほどの高い土木技術を持ち、人口20万人の南京市で30万人を虐殺し、20万人を生還させるクローン技術を持ち、かつその死体を1台のトラックで2週間で片付けられるほどの行動力があり沖縄で米軍上陸後も市民に玉砕命令が出せるほど命令系統がしっかりしていて、何百万人を殺しておきながら、戦後半世紀以上も、殺害時期、殺害方法、日本兵の心理状況などこと細かな内容迄隠し通す機密保持の高さを誇り、当時オランダ領だったインドネシアにも開戦前から日本軍用の慰安婦を送り込むほど先見性があり、日本兵の数を上回るほどの従軍慰安婦を一日に一人あたり何十人も暴行するほど体力と食料があって、韓国で文化施設はもちろん一般家庭にある辞書から料理本に至るまで処分して回るほど暇で、好太王碑拓本を近代日本の半島進出を正当化するため、都合のいいように改変し、韓国人の国際舞台での入場順を日本の後にするために国名自体をを「Corea」から「Korea」に変更させるほど細かく、保護するために植民地ではなく「併合」したにも関わらず、韓国の運気を捻じ曲げるために、山の頂上に鉄杭を埋め込むほど風水に明るく、韓国の優れた建築施設・街・鉄道を全て接収することなく破壊し尽くした上、新たに日本のダメな建築物に建て替えるほど資材と資財が有り余っていて、劣等民族と言う卑下意識を植え付けるために行政区域の名前を変更し、当時の朝鮮の人口のおよそ半数近くを日本へピストン輸送するほど燃料と船舶が豊富で、人間の脂肪から、航空燃料を作れるほど錬金術に長け、写真の影さえ消せる位の隠密行動に長け、銃殺しても血が流れない銃を開発し、中国で家々に火を放ちまくり無駄に虐殺した民間人の死体を、一カ所に集めてたっぷりとガソリンをまいて燃やすほど石油資源に余裕があり、わずか70万人の関東軍で戦闘の合間に20万人もの中国人慰安婦を満足させるほど絶倫で、960万平方kmもの大地の3分の2を支配し、家々に火を放ちまくり6年間で1万7000以上の村を焼き払うほどの行動力があり、5000万人もの民間人を250種類もの殺人方法を用いて殺害した上にその痕跡を残さず、広く険しい中国大陸を大軍勢で移動していたにも関わらず、各地区の兵士や民間人が逃げる暇も無い程のスピードで動き回るなど金メダル級の運動能力を誇り、山東省で広島+長崎の核2発分の犠牲者数を超える42万人を殺戮するほどの細菌兵器を保有し、さらに細菌兵器開発のため20万人を生体実験出来るほど医療設備が充実しており、田舎から都市部まで全ての街道を余す所無く隅々まで破壊し尽くし、さらに人気の無い山の奥深くでさえ草一本残さず毟り取る程の根気と几帳面さを兼ね揃え、11歳が戦場で暴れ回るほど若い内から逞しく、14歳で731部隊に採用されるほど医学を習得し、15歳の少年に細菌戦部隊での軍務が務まるほどの教育水準を持っていて、終戦後になぜか意味の無い強制連行を行いまくるほどの軍備と余裕があり、1941年の大東亜戦争開戦時にダム一つ作るために延べ360万人を動員し9年間に83名もの犠牲者を出し、圧倒的科学力を誇る朝鮮の反日勢力になぜか圧勝するほど運がよく、朝鮮人を殺しまくりながら人口を2倍にするという魔術を持ち、敗戦国でありながらGHQを手玉にとって朝鮮戦争を起こすようコントロールするほど政治力と外交能力に長け、中国での最初の慰安所「大一サロン」にはハイテクエアコンを完備させ、中国の呼倫貝爾市の地下に60年も見つからない、広さが東京ドーム2.5個分の毒ガス実験室を作る程に優れた土木技術と豊富な資源、人材を保有し、重慶大爆撃は世界戦争史上、無辜の非戦闘員を大量に殺戮して敵の戦意を奪った“戦略爆撃”を発明し、そこで半世紀以上放置されても使用出来る毒ガスを作れるほどの科学力を誇り、金の掛かる化学兵器砲弾を200万発も生産して中国全土に埋め、終戦間際の補給線が断たれた時期にマニラで一日3000人を殺害する継戦能力を保持し続け、もともと無い記憶を奪えるという摩訶不思議な技術を持っていた大日本帝国が敗戦したことは、

人類史上最大のミステリー、と、言えるのではないだろうか。
by kizifugeru-si | 2007-06-29 04:24 | いつもの

( ´△`)アァ-・・

on2vp6flv4をmpeg1にする方法を試しましたが環境によってかなり違いが出てくる模様・・・。
iniの設定は下に書いておきますが、これで変換したmpeg1は変形mpeg1で本来のmpeg1の動画規格である解像度320×240、ビットレート約1150kbpsのCBRな面は動画変換途中の中間ファイル生成の為の設定なのでど無視されているので注意。

[Info]
Title=MPEG1ファイル
TitleE=MPEG1 File
Description=MPEG1を作る設定
DescriptionE=Setting for MPEG

[Item0]
Title=MPEG1 6000kbps 29.97fps
TitleE=MPEG1 29.97fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec mpeg1video -b 6000k -acodec mp2 -ac 2 -ar 48000 -ab 256k "<%OutputFile%>.mpg""

[Item1]
Title=MPEG1 10000kbps(高画質) 29.97fps
TitleE=MPEG1 29.97fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec mpeg1video -b 9000k -acodec mp2 -ac 2 -ar 48000 -ab 256k -bf 2 -g 12 -mbd 2 -qmin 1 -qmax 1"<%OutputFile%>.mpg""

下の高画質設定はmpeg1に変換してくれない可能性大。
by kizifugeru-si | 2007-06-26 13:34 | いつもの
VP6とはOn2 VP6/FLV4と言う最新の動画形式。
そのFLV動画を携帯動画変換君にD&Dしても変換が出来なかった。

それをJavaScriptで可能にするため、調べて、変換君を書き換えて可能にしました。

まず、ffmpegの最新版とpthreadGC2.dllをここに書いてある通りに入手、解凍する。
解凍したら、その最新版のffmpeg.exeとpthreadGC2.dllを携帯動画変換君の「cores」ディレクトリー内にD&Dでコピーする。そして、後でAvisynthを使う関係上、Avisynthが仕様としてVBRの映像音声を上手く読み込んでくれないので携帯動画変換君のディレクトリ内の「cores」フォルダー内の「AVS_Skelton.avs」と言うファイルに以下のような記述を追加して、AvisynthがVBRの映像音声を上手く読み込めるようにする。そうしないと出来たファイルが音ずれを起こしている可能性が高い。

「AVS_Skelton.avs」内の記述に

DirectShowSource~、と書かれている箇所があるがそれを

DirectShowSource("<%InputFile%>", convertfps=true)

と書き換えて、上書きして保存する。

更に(ここが実は肝心なのであるが)3GP_Converter034(現在配布されている携帯動画変換君は解凍すると上記のようなフォルダー名となる)フォルダーの中の「3GP_Converter.ini」内の[Avisynth]行より下に以下の記述を追加する。

Ext9=FLV:\cores\AVS_Skeleton.avs

(数字部分は環境において適時変更)

そうすると携帯動画変換君はAvisynthを通してソースファイルの読み込みを行うようになるのだがこのままでは変換が出来ない。ffmpegに対しての引数の記述方式が携帯動画変換君同梱のffmpegと変わってしまっているらしいのでそれを書き換えてやらないといけない。
そこでdefault_settingフォルダー内にある任意の機種の変換設定iniファイルをその新しいffmpegに対応した記述に書き換えてやらないといけない(-vcodecの前にある、-bitexactというテキストを ffmpegと -y の間に移動&、-b と -abと-maxrateと-bufsize(映像ビットレートと音声ビットレート)の数値にはkを付けないといけない)のだが、それを書き換えてくれるツールを遠慮なくお借りする事にしよう。

任意の機種のiniファイルをテキストエディターとかで開いてすべてコピーし、ここの左側のウインドーにペーストして貼り付け、上にある「バージョンアップ」というボタンをクリックすれば右側のウインドーに最新のffmpegに対応したiniの記述が出てくる。あとはそれをコピーして元のiniファイル上に上書きペーストしてiniを上書き保存すれば、新しいffmpegを使って携帯動画変換君でOn2 VP6/FLV4動画を喰って変換してくれるようになる。

これであのニコニコ動画のflvも怖くは無い、はず・・・・・。

入れ替えたffmpegのバージョンはffmpeg.rev8891と言うバージョン。以下は最新ffmpegに対応するように書き換えたそのini設定

[Info]

Title=機種別設定:3GPPファイル, P903iTV用設定

TitleE=Model: 3GPP, for P902iTV

Description=FOMA P903iTV用の設定です(2005/11/23版)

DescriptionE=for FOMA P903iTV



[Item0]

Title=[MOVIE/AA] QVGA(320x240) 29.97fps Mビ500kbps ステレオ サ48kHz Sビ128kbps

TitleE=QVGA(320x240) 29.97fps 500kbps Stereo 48kHz 128kbps (Not FixAspect)

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec mpeg4 -s 320x240 -r 29.97 -b 500k -acodec aac -ac 2 -ar 48000 -ab 128k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""



[Item1]

Title=[MOVIE/BB] QVGA(320x240) 15fps Mビ300kbps ステレオ サ44.1kHz Sビ64kbps

TitleE=QVGA(320x240) 15fps 300kbps Stereo 44.1kHz 64kbps (Not FixAspect)

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec mpeg4 -s 320x240 -r 15 -b 300k -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""



[Item2]

Title=[MOVIE/BC] QVGA(320x240) 15fps Mビ300kbps モノラル サ44.1kHz Sビ64kbps

TitleE=QVGA(320x240) 15fps 300kbps mono 44.1kHz 64kbps (Not FixAspect)

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec mpeg4 -s 320x240 -r 15 -b 300k -acodec aac -ac 1 -ar 44100 -ab 64k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""



[Item3]

Title=[MOVIE/CB] QVGA(320x240) 15fps Mビ150kbps ステレオ サ44.1kHz Sビ48kbps

TitleE=QVGA 15fps 150kbps mono 44.1k(Not FixAspect)

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec mpeg4 -s 320x240 -r 15 -b 150k -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 48k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""



[Item4]

Title=[MOVIE/CC] QVGA(320x240) 15fps Mビ150kbps モノラル サ44.1kHz Sビ48kbps

TitleE=QVGA 15fps 150kbps mono 44.1k(Not FixAspect)

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vcodec mpeg4 -s 320x240 -r 15 -b 150k -acodec aac -ac 1 -ar 44100 -ab 48k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""



[Item5]

Title=[MUSIC] 着うた (80kbps/ステレオ) 290KB(D900i以降最大サイズ)

TitleE=Audio-only Audio/80kbps(Stereo) 290KB

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -fs 290 -timestamp "<%TimeStamp%>" -vn -acodec aac -ac 2 -ar 16000 -ab 40k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" "Camouflage_iMotion.ini""

Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3gp""



[Item6]

Title=[MUSIC] 着うた (80kbps/モノラル) 290KB(D900i以降最大サイズ)

TitleE=Audio-only Audio/80kbps(Stereo) 290KB

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -fs 290 -timestamp "<%TimeStamp%>" -vn -acodec aac -ac 1 -ar 16000 -ab 40k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" "Camouflage_iMotion.ini""

Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3gp""



[Item7]

Title=[MUSIC] 着うた (80kbps/ステレオ) 490KB/約50秒(D901i以降最大サイズ)

TitleE=Audio-only Audio/80kbps(Stereo) 490KB

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -fs 490 -timestamp "<%TimeStamp%>" -vn -acodec aac -ac 2 -ar 16000 -ab 40k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" "Camouflage_iMotion.ini""

Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3gp""



[Item8]

Title=[MUSIC] 着うた (80kbps/モノラル) 490KB/約1分40秒(D901i以降最大サイズ)

TitleE=Audio-only Audio/80kbps(Mono) 490KB

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -fs 490 -timestamp "<%TimeStamp%>" -vn -acodec aac -ac 1 -ar 16000 -ab 40k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" "Camouflage_iMotion.ini""

Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3gp""



[Item9]

Title=[MUSIC] CDクオリティ(128kbps/ステレオ)

TitleE=Audio-only Audio/64kbps(Stereo) 20000KB

Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -bitexact -y -i "<%InputFile%>" -title "<%Title%>" -timestamp "<%TimeStamp%>" -vn -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 128k -f 3gp "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command1=""<%AppPath%>\cores\QT3GPPFlatten" "<%TemporaryFile%>.3gp" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" -c QT_3GPP(MobileMP4)_QCIF_AAC.ini"

Command2="rm "<%TemporaryFile%>.3gp""

Command3=""<%AppPath%>\cores\ATOMChanger" "<%TemporaryFile%>_2.3gp" "<%OutputFile%>.3gp" "Camouflage_iMotion.ini""

Command4="rm "<%TemporaryFile%>_2.3gp""



これはドコモFOMAの3gp動画限定だがこれで携帯でも完全にニコニコ動画が見られるようになるはず。
by kizifugeru-si | 2007-06-24 09:37 | いつもの