夫婦で働いて猫を養っています。・・・kizifugeru-si☆excite.co.jp 。


by kizifugeru-si
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

( >Д<;)

夕暮れのコンビニ。学校帰りの高校生たちや、パート帰りのマダァムたちで賑わうコンビニ。
気になるあの子が今日もレジの中で忙しくお客さんの相手をしている。
他の店員は休憩にでも行っているのだろうか。手が離せない作業でもしているのだろうか。
さっさと出てきて彼女の負担を減らしてあげんかっ!

レジには4人のお客さんが並んでいる。俺もコンビニ弁当を片手に一番後ろに並んだ。
1人目のレジにコンビニ姉ちゃんが追われてるときに、ようやく奥から店長らしきオジサンが出てきた。

「次にお待ちのお客様、こちらへどうぞ」

前から2番目に並んでいたオジサンが隣のレジへと歩いていった。

Dead or alive

コンビニ姉ちゃんにレジ打ってもらえるか、はたまた店長か。女神か死神か。
明日の日本の未来をも占う究極の2択 in コンビニ。

コンビニ姉ちゃんが1人目のレジを終え、3番目に並んでいた主婦がレジでお会計をしはじめた。
俺の前に並んでいた高校生は、その様子をみて、先に会計が終わりそうな隣の店長のレジへと移動した。

(ふふふ・・・はっはっはっ!勝った!勝ったぞ!!これはもうディスティニーと呼ばざるをえない!
 俺の小指とあの子の小指を結ぶ赤い糸がみえる!!みえるぞー!!)

内心、声高らかに勝ち名乗りをあげ、前の主婦のお会計が終わるのを心待ちにしていると、そのときがきた


「次にお待ちのお客様、こちらへどうぞ。」

『!?』
(な、なにーっ!?そ、それは俺のことかーっ!!)

目の前で会計をしている主婦が3000円ほどの大量の買い物をしている間に
隣のレジで500mlのペットボトル一本を買っただけの高校生が先に会計を終えてしまったのだ。
「袋いいっす。」とか言ってるし。
バーロー!!そこは一秒でも長くレジにかかる時間を稼ぐのが常套手段だろ!?
「このコーラは大切な友達への誕生日プレゼントなのでプレゼント包装してもらえますか?」
って、そのぐらいの意気込みがなくてどうする!!
そんなエコロジスト気取りじゃ厳しい大学受験戦争を生き残っていけないぞ!!


コンビニ姉ちゃんと談話しながらお会計を済ませる主婦を横目に隣のレジで店長に弁当を差し出す俺。

「温めてください。(俺の心を)」

・・・・・・・・・そんなことを思う客もいるのだろうか・・・・。
俺がレジするより女の子のほうが・・・・・

ありそうだ。いや!あるね!あるに決まってるwwwwwwwww

まぁ、関係なく俺がレジをするがな!
by kizifugeru-si | 2006-06-07 03:41 | いつもの